0

モーセへの反逆

Punizione dei Ribelli

 イスラエルの人々はシナイを出発したが、彼らは神が毎日与えるマナに飽きてエジプトで食べていた肉や魚を恋しがった。神はうずらの大軍を宿営に送って肉を手に入れさせたが、直後に疫病が流行して多くの人が命を落とした。

 約束の地カナンが近づき、モーセは現地に偵察隊を送り込んだ。そこには豊かな土地があったが、町は城壁に囲まれ、住民たちの体格も大きい。偵察隊のヨシュアとカレブはカナンを攻め取ることを提案したが、他の大多数は戦いを恐れて尻込みした。

 レビ族の有力者コラは、仲間と共にモーセたちの指導体制を批判した。彼らは口を開いた大地に飲まれ、これに動揺した人たちも疫病に倒れた。神は人々の前で、アロンたちを改めて民の指導者に選んだ。

 人々がカデシュに滞在していたとき、水がないことで人々は不満を言った。モーセとアロンは目の前の岩を打って水を出した。間もなくアロンは亡くなり、息子のエルアザルが仕事を引き継いだ。

(民数記 9〜20章)

続きを読む

0

幕屋の建設

Aaron_(Kirillo-Belozersk)

 幕屋は二重の垂れ幕に覆われた神聖な施設であり、宿営地では幕屋の奥の至聖所に神が臨在してモーセに指示を与えた。幕屋は昼は雲に覆われ、日が落ちると雲は幕屋の上で燃える火のように見える。雲が幕屋を離れるとイスラエルの民は移動を開始し、雲がひとつの場所に留まればそこが次の宿営地になった。移動の際、幕屋は解体して次の宿営地まで運ばれた。

 幕屋の中には祭壇が作られ、モーセの兄アロンと彼の一族が定められた動物や穀物を焼いて神に献げた。幕屋や祭具、祭司たちの服装、供物の種類、儀式の手順などについては詳細な指示があり、それに違反することは絶対に許されない。ある時アロンの息子ナダブとアビフが香を焚く手順を間違えたところ、ふたりとも神の火に焼かれて死んでしまった。

 エジプトをを脱出した翌年、神はモーセにイスラエルの人口調査と軍の編成を命じた。この時点の人口は祭司の部族を除き、成人男子だけで60万人以上だった。

(レビ記〜民数記 4章)

続きを読む

0

十戒

Ten commandments

 エジプト人の追跡がなくなると、人々は水や食料のことでモーセに文句を言い始めた。神は彼らに水を与え、天からマナを降らせて人々の腹を満たした。アマレク人と争いが起きたときも、神はイスラエルを助けた。

 一行がシナイ山に着くと、モーセは山に登って神からの戒律を受け取った。最初に受けたのは最も重要な十の戒律を刻んだ石版だった。唯一の神を拝め、偶像を造るな、神の名を口にするな、安息日を守れ、父母を敬え、殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、隣人の家を欲するな。この他にも、モーセに伝えられた戒律は膨大なものだった。

 モーセがなかなか戻ってこないことから、不安に思った人々は金の子牛の像を作って祭りを始めた。山から戻ったモーセはこの様子を見て激怒し、十戒の石版を砕いて首謀者たちを処刑してしまう。モーセは山に戻って再度石版を受け取ったが、山を降りた彼の顔は白く輝いていた。モーセは人々に幕屋の建設を命じた。

(出エジプト記 15〜40章)

続きを読む

0

モーセ

Moses

 ヨセフの死から数百年。数を増やしたイスラエル人は、奴隷として苦しい生活を送っていた。モーセはファラオの虐殺命令を逃れてナイル川に流され、拾い上げた王女によって王族の一員として育てられる。彼は成長して自らの出自を知ると、同胞を虐待するエジプト人を打ち殺してミディアンの地へと逃れ、その地の娘と結婚した。

 ある日、羊を追っていたモーセは聖なる山で神の声を聞いた。「ファラオのもとへ行き、わたしの民をエジプトから救い出せ!」。モーセは兄のアロンと共に王宮を訪ね、イスラエルの民を解放するよう交渉した。ファラオが拒むので、神はエジプトに次々災いを起こした。最後にエジプト中の初子がことごとく打たれたとき、ファラオはついにモーセの出立を認めた。

 イスラエル人たちはモーセに率いられてエジプトを脱出した。神は海を分けてイスラエルの人々を通したが、後を追うエジプト人たちは戻った水に飲まれてことごとく溺れ死んだ。

(出エジプト記 1〜14章)

続きを読む

0

ヨセフ

Joseph

 ヤコブが愛妻ラケルとの間に生まれたヨセフを溺愛した結果、彼は兄たちから妬まれるようになる。兄たちはヨセフを捕らえて穴に閉じ込め、奴隷としてエジプトに売られることになった。

 ヨセフはエジプト宮廷の侍従長宅で働いていたが、身に覚えのない罪で牢に入れられてしまった。牢内で他の囚人たちの夢を説き明かしたヨセフは、数年後にファラオの夢を解くため牢から出される。ファラオの夢は、来たるべき大豊作とその後の大飢饉を予告するものだった。ヨセフの堂々とした態度に感服したファラオは、彼を宰相に任命して自分の全権を委ねた。

 やがて世界を大飢饉が襲った。エジプトにはヨセフの指示で蓄えてある食料があったため、近隣の国々からも多くの人たちが食料を買いに来た。ヨセフの兄たちも、父の命令でエジプトにやって来た。ヨセフは正体を隠して彼らを屋敷に招待する。翌年には正体を明かして、イスラエルの一族すべてをエジプトに呼び寄せた。

(創世記 36〜47章)

続きを読む

0

ヤコブ

Jacob

 ヤコブは父のイサクをだまし、兄エサウが得るべき長子の祝福を騙し取った。このことで兄の恨みを買ったヤコブは、伯父ラバンのもとへと逃れる。

 ヤコブはラバンの娘ラケルと恋に落ち、結婚まで7年も伯父の下で働いた。だが結婚式の日、伯父の策略でヤコブはラケルの姉レアと結婚させられてしまう。ラケルと結婚するため、彼は伯父のもとでさらに7年働くことになった。

 ヤコブとレアには多くの子供が生まれたが、ラケルにはなかなか子供ができなかった。彼女の最初の子供が、ヤコブにとって11番目の息子ヨセフだ。ヤコブは生まれ故郷のカナンに戻ることを決め、伯父ラバンの制止を振り切って旅立った。旅の途中で天使と格闘したヤコブは、そこでイスラエルという名を与えられる。

 故郷に戻ったヤコブは兄エサウと再会するが、兄は既に昔の怨みを忘れ、兄弟は再会を喜んで抱き合った。だがヤコブの愛妻ラケルは、末の息子ベニヤミンを生んで亡くなった。

(創世記 27〜35章)

続きを読む

2

イサク

Isaac

 妻サラが亡くなると、アブラハムは土地の者から墓所を買い取って埋葬した。息子のイサクが結婚する年頃に成長すると、彼は故郷に人をやって息子の妻に相応しい娘を探させた。見つかったのは親戚の娘リベカだった。

 アブラハムは亡くなり、イサクにはリベカとの間に双子の息子が生まれた。イサクは長男エサウを愛し、妻リベカはヤコブを愛した。成長したエサウは狩りが得意だったが、ある日空腹で帰宅した際、わずかな食事と引き替えに長子の特権を弟ヤコブに譲り渡す。

 近隣で飢饉が起こり、イサクたちはペリシテ人の王アビメレクのもとに逃れた。イサクはリベカを妹だと紹介したが、やがて真相がわかると王はイサクを恐れて一家の保護を部下たちに約束させた。その後王のもとを去ったイサクは次々に井戸を掘って勢力を広げ、ペリシテ人たちとの間にしばしばいさかいが起きる。アビメレク王はイサクを訪問して、互いに危害を加えないという契約を交わした。

(創世記 23〜26章)

続きを読む

0

アブラハム

Abraham, Sarah and Hagar

 ハランに住むアブラムは「カナンへ行け」という神の言葉に従い、妻サライと甥のロトを連れて旅立つ。カナン地方が飢饉に襲われると、一家はエジプトに逃れた。エジプト王はサライを見初めて後宮に入れるが、やがて人妻だとわかり一家はエジプトを去る。

 天の使いから子供が生まれると予告され、アブラムはアブラハムに改名し、サライはサラになった。ロトは成長して独立していたが、戦争に巻き込まれてソドムの町で暮らしていた。罪深い町ソドムは神に滅ぼされ、ロトの家族はその直前に脱出する。だがロトの妻は後ろを振り返って塩の柱になった。ロトの娘たちは酔った父と交わり、子供を身ごもったという。

 アブラハムと女奴隷の間に息子イシュマエルが生まれた。だが妻サラが息子イサクを生むと、イシュマエルと母親は追い出されてしまった。神はアブラハムの信仰を試そうとイサクを生け贄に捧げるよう命じ、彼の信仰を確認すると身代わりの羊を与えるのだった。

(創世記 12〜22章)

続きを読む

0

バベルの塔

Tower of Babel

 洪水を生き延びたノアの子孫は、再び数を増やしながら地上に広まっていった。この頃の人間たちは、世界中で同じ言葉を話している。人が増えるにつれて技術も進歩し、レンガやアスファルトを使うことで、石やしっくいでは作れなかった巨大な建造物を作ることも可能になった。

 新しい技術を手にした人間たちは、天まで届く塔を作ろうと考えた。巨大な塔を中心に町を作り、そこに世界中から人を集めるのだ。作業は急ピッチに進められ、町の規模もどんどん大きくなって行く。だが神はこの様子を見て不快に思った。

 「人間はひとつの民でひとつの言葉を話しているから、こんなことをはじめたのだ。このままではいずれ、誰も人間を止められなくなるだろう」。神は人間の言葉を混乱させ、互いの言葉を聞き分けられない状態にした。塔のある町の建設は中断し、その地はバベルと呼ばれるようになった。神が言葉を混乱(バラル)させ、人々を世界中に散らせたからだ。

(創世記 11章)

続きを読む

0

大洪水

Noah's Ark

 人間たちは数を増やし、それに連れて地上の悪もまた増えることになった。神は人間たちの間に悪が広まる様子を見かねて、彼らを滅ぼしてしまおうと考えた。しかしノアだけは神の目から見て正しい人だったので、彼の一族だけは滅ぼさずに助けることとした。

 神はノアに命じて巨大な箱舟を作らせた。そこにノアの家族のほかに地上の獣や鳥たちを一つがいずつ乗せ、大量の食料を積み込むと、これまでなかったような大雨が降ってきた。雨は40日間降り続け、地上の山々もすべて水に沈んだ。この洪水で地上の人間も動物もすべて死に絶えたが、箱舟に乗っている者たちは無事だった。雨が降り始めてから150日後にようやく水が引き始め、箱舟はアララト山の上に漂着した。

 箱舟から放ったハトがオリーブの小枝をくわえて戻ったことで、ノアは地上から水が引いたことを知った。彼は箱舟の戸を開いて動物を外に出し、ここからまた新しい命が地上に広まって行った。

(創世記 6〜9章)

続きを読む