0

ルツとナオミ

Ruth in the Fields

 イスラエルが飢饉に襲われた時、ナオミは夫やふたりの息子と共にモアブに移り住んだ。ところが夫は早くに亡くなり、モアブで結婚した息子たちも母を残して死んでしまう。ナオミが故郷に戻ることを決めると、次男の嫁ルツは姑に従ってベツレヘムへと移住した。

 大麦の収穫時期だった。ルツは畑に出て、毎日落ち穂を拾った。畑の持ち主であるボアズの配慮もあって、ルツは大量の落ち穂を拾うことができた。ボアズはナオミの亡き夫の親戚にあたる、真面目で働き者の男だ。ナオミはルツに助言して精一杯の身繕いをさせると、作業小屋で熟睡している彼の寝床に忍び込ませた。ボアズはこの出来事に驚いたが、ルツの身柄と相続すべき財産について親戚の同意を取り付け、彼女を自分の妻にすることに決めた。

 ふたりの間には、オベドという息子が生まれる。ナオミは孫の誕生を喜んだ。オベドにはエッサイという息子が生まれ、エッサイからはあのダビデ王が生まれた。

(ルツ記)

続きを読む

0

ベニヤミン族との戦い

Judges-19_The-Levites-Concubine-Morgan-Picture-Bible-13th-cent

 レビ人の男が側女と小者を連れて旅をし、ベニヤミン族の支配するギブアに一泊した。土地のならず者たちは男を慰みものにしようと宿を取り囲む。とっさに側女を差し出して難を逃れたレビ人だが、側女は殺されてしまった。レビ人は彼女の死体を12の部分に切り分けると、イスラエルの全部族に送りつけてギブアでの出来事を伝えた。

 イスラエルの人々は怒りに燃えてギブアに殺到したが、ベニヤミン族はギブアをかばってこれを迎え撃つ。イスラエルの連合軍は多大な犠牲を出しながらついにベニヤミンを打ち破り、岩場に逃れて抵抗した一部の兵を除いてベニヤミン族はことごとく殺された。ことが終わってから、イスラエルの人々はこのことを悔やんだ。

 彼らは戦いに非協力的だったヤベシュの町を滅ぼし、まだ嫁いでいない少女たちを捕虜にして生き残ったベニヤミンの兵に妻として与えた。それでも足りないと、シロの町の祭りにやって来た若い娘たちを誘拐した。

(士師記 19〜21章)

続きを読む

0

ミカの神殿と祭司

micahs-idol

 エフライムの山地にミカという男がいた。彼は自分専用の神殿を持っており、高価な彫像と鋳像を置いて、若いレビ人の祭司にそれらを守らせていた。

 この頃、ダン族の人々にはまだ嗣業の地が割り当てられていなかった。彼らは自分たちの土地を求めて、まず5人の斥候を派遣した。斥候隊はエフライムの山地を経由してライシュに進み、その土地の人々が穏やかで争いを好まぬことに目をつけた。報告を受けたダン族の本隊は武装して進軍し、ライシュの人々を攻め滅ぼして土地を奪い取る。そしてこの戦争のどさくさの中で、ミカの神殿を荒らして彫像と鋳像を奪い、司祭も連れて行ってしまったのだ。

 ミカはダン族の部隊を追いかけて抗議したが、武装した大部隊に「文句があるなら家族皆殺しにするぞ!」とすごまれては手も足も出ない。ダン族はライシュの土地に、自分たちの名を付けた町を作り、そこに神殿を建てる。人々はそこで、ミカの彫像を拝んでいたという。

(士師記 17〜18章)

続きを読む